令和元年

令和元年。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

山陰トラウトフィッシングガイドSTFはこの記念すべき日もガイドに出ておりました。



新年号「令和」でもどうぞよろしくお願いします。

画像はその日に釣れた天然のヤマメです。

新年号に相応しい美しいヤマメでした。


本日のゲスト様はルアーフィッシング。

バス、ライトソルトを中心に幅広くルアーフィッシングをやられております。



ヘルメットがトレードマークのA氏。

渓流はまだ数回しか経験がないとのことで、今回は鳥取の里川を体験していただきました。

本日は鳥取県千代川の各支流をガイド。




こんな感じの里川です。



食べれそうな山菜⁈

この日はシトシト雨が降る時雨れた天気。

どことなく釣れる雰囲気がでてるのは気のせいでしょうか?

入渓してほどなく



可愛いサイズのヤマメが。

ですがコンディションは申し分ありません。

続けて







まさにネイティブ。

さらに綺麗なヤマメに出会えました。

5cmのヘビーシンキングミノー、メガバスのGREAT HUNTING 55 Heavy Duty。





ゲストさん、キャストコントロールに優れたベイトタックルを使用しておりました。

最近はもう渓流でもベイトタックルはスタンダードになりましたね。

渓流ルアーではもう欠かせないタックルになったのではないでしょうか。


お昼からは雨が上がったので





ゲストさんの要望もあって川辺ランチ。

美しい鳥取の田園風景&川の付近でゆっくりと。

ほんとこの時間って贅沢な時です。

時がゆっくりが流れます。


お腹が満たされたので再び釣り再開。

川を変えて以前から気になっていたポイントへ。

入渓してほどなくちょっとした堰堤ポイントで尺はあろうイワナがバイト!



が…

残念ながら足元で無念のバラシ。

A氏、かなり悔しがっておりました。


そこからすぐ上のポイントで



複数のライズを発見!(画像の壁沿いあたりで)

流下物は何かは全くわからないですが。

とりあえずここは私のフライを流してみると



放流?と思われるヤマメでした。






お次はアマゴ。

その後も成魚放流と思われる魚を何匹かキャッチし、次のポイントへ移動







ちょいと山へ入って様子を見に






滝下のポイントでルアーを通すとイワナ を2本釣ることができました。

山も新緑に包まれて大変綺麗でした。




ワラビやゼンマイがたくさん生えていました。


最後は本流へ戻り





ダイナミックな流れの中で本流ヤマメ狙い。

成魚放流があったのかアタリが連発し3匹ほど釣れました。

ただ狙いの本流ヤマメは惜しくもバラしてしまいました…

残念、次はきっちりとりたいですね。

次の出会いに期待し本日はここで納竿。

A氏、お疲れ様でした!

次のお越しをお待ちしております。


山陰トラウトフィッシングガイド「STF」お問い合わせ先
ご予約は下記まで
THREE  GROUNDS
代表 松井伸吾
*土日祝のみの営業になります。大型連休もやります。

山陰トラウトフィシングガイドSTF公式HP:http://sanintroutfishing.com/
Facebook:「山陰トラウトフィッシングガイドstf」 で検索
Instagram:#山陰トラウトフィッシングガイド で検索