晩夏の渓

9月に入り暦ではいよいよ秋と行った感じですが、

まだまだ夏の残暑が厳しい日が続いてます(汗)

そんな晩夏の中、今回も大山の源流でイワナ釣りをガイド。



涼しい大山の渓を登ります。




前日の雨のお陰で水量はちょうど良くなっていました。

心配していたアブももうほとんど飛んでいませんでした。

今年は猛暑?のせいか、アブが大量にでてくるタイミングが早かったように思います。






開始早々に良型のイワナに出会うことができました☆

大阪在住のO様もこの笑顔です。

この大自然の中で釣りができるって本当に至福の時です。








今回の旅では沢山のキノコを見つけました。

色とりどり、個性あるキノコ達を見ていると、「おっ!」と思ってしまいます。

思わず手が延びそうです。

ただキノコの知識が乏しいので、食べるのは危険と判断。

くれぐれも安易に食べない方が賢明です。
*キノコは専門家のもとで確認をとってから食しましょう。




素晴らしい緑の壁。

大山の渓はこのような美しい緑壁がよく見られます。




イワナ達はどれもコンディション抜群。

虫を食べて丸々と太っています。




このような見たこともない珍しい甲虫が沢山いました。

ここの渓は本当に甲虫が多いです。

釣り歩いていると時々ポトっと肩に落ちてきます。

イワナ達は夏の間、こんなテレストリアルを沢山食べています。




木々が深く生い茂る中の渓は、生き物に満ち溢れています。




次なる出会いを求めて釣り歩きます。

この後さらなるドラマが…

次回に続きます。



山陰トラウトフィッシングガイド「STF」お問い合わせ先
ご予約は下記まで
THREE  GROUNDS代表 松井伸吾
*土日祝のみの営業になります。大型連休もやります。
山陰トラウトフィシングガイドSTF公式HP:http://sanintroutfishing.com/
Facebook:「山陰トラウトフィッシングガイドstf」 で検索
Instagram:#山陰トラウトフィッシングガイド で検索